油圧マニホールドの過去と現在

油圧マニホールドの過去と現在

油圧マニホールドは、油圧バルブを収納するために設計された基本部品である。油圧マニホールドの設計の進化は、3つの主要な設置方法を包含する:パイプマウント弁、プレートマウント弁、およびカートリッジ弁。

パイプマウントバルブ:

当初、油圧システムは、配管に直接取り付けられたパイプマウント弁に大きく依存していた。これらのバルブは頑丈であるという評判にもかかわらず、多数の漏れ箇所をもたらし、システムのメンテナンスと修理を複雑にしていた。散在して設置されるため、システムの故障やメンテナンスの問題が発生する可能性が高くなりました。

プレートマウント・バルブ:

パイプマウント弁の欠点に対応するため、エンジニアはプレートマウント弁を開発した。これらのバルブは単一のマニホールドブロックに統合することができ、油圧システムのレイアウトを大幅に簡素化し、リークポイントを減らすことができた。複数のバルブを1つのブロックに統合することで、システムの信頼性とメンテナンス効率が向上した。

しかし、バルブの一体化が進むにつれて、ブロックの重量とサイズも大きくなっていった。そのため、製造、設置、メンテナンスが面倒になった。

プレートマウント・バルブの革新:

こうした課題に対処するため、エンジニアたちはモジュラー・アプローチを採用した。大きなマニホールド・ブロックを小さなセクションに切り分け、長いボルトとシールを使って組み立て、漏れを防いだ。このモジュール設計により、全体の重量が軽減され、製造とメンテナンスが簡素化された。さらに、プレートに取り付けられたバルブにスタックバルブを組み込むことで、マニホールドのサイズを最小限に抑え、機能性を向上させました。

カートリッジバルブ:

現代の油圧システムは、大流量、高圧、高速応答時間、コンパクトなサイズを要求しています。カートリッジ弁は、このような要求を満たすソリューションとして登場しました。マニホールドブロックに完全に組み込まれたカートリッジバルブは、複雑な内部チャンネルのネットワークを通じて接続されます。この設計は、マニホールドのサイズを最小化し、積み重ねられたバルブ間のオイル漏れの問題を効果的に排除します。

結論として、パイプマウント弁からプレートマウント弁、そして最終的にカートリッジ弁への進化は、効率性、信頼性、コンパクト性を追求し続ける業界の姿勢を反映している。油圧システムが進歩するにつれて、油圧マニホールドの設計と機能も進歩し、最新のアプリケーションの高まる要求に応えています。

油圧マニホールドが必要な場合 お問い合わせ までお問い合わせください。お客様と共に課題を克服し、相互の成功を達成できることを楽しみにしております。

関連商品